ブランクのある薬剤師さんの復職ガイド

TOP >> 復職の基礎知識 >> ブランク10年からの復職なら

ブランク10年からの復職なら

ブランク10年からの復職ならまず情報を集めましょう。10年の間に薬剤師業界はある程度変化しているはずです。その変化の状況をきちんとつかんでから、復職の準備を始めます。情報の収集に役立つのはリクナビ薬剤師のような転職サイトです。転職サイトには薬剤師業界の動向が詳細にレポートされています。それを読めば現在の状況が分かります。例えばリクナビ薬剤師には大手の薬局チェーンについてのレポートがいくつも掲載されています。その中には、その薬局の理念や求める人物像が書かれているので、復職の際の参考になるでしょう。

情報収集が終わったら、研修やセミナーを受けましょう。いろいろな団体がブランクのある薬剤師の方の復職プログラムを用意しています。復職プログラムの種類も豊富で、数日で終わるものから半年以上受講が必要なものもあります。例えばある大学で開かれている復職プログラムは、全8回で医薬品市販後情報の収集方法と実際例、薬物効果発現の定量的評価といったことなどを学んでいきます。実際の薬局で行われる研修もあります。新薬や後発薬品、薬事法に関する講義や調剤の実習などがあります。これを受ければ調剤薬局で働いた経験がなくても、調剤薬局に再就職するときに気後れを感じずに済むでしょう。

ブランク10年からの復職なら調剤薬局がお勧めです。求人数が多いですし、正社員とパートという2つの働き方を選ぶことができます。医薬分業により調剤薬局で働く薬剤師が求められているのですが、まだ数が足りません。そのためブランクOKの調剤薬局の求人も多くなっています。10年のブランクは長くて敬遠されるのではないか、と思っている方もいらっしゃるかもしません。しかしブランクよりも薬剤師としての経験や知識の方が重視されるのです。ブランクの間に変わってしまったこともありますが、薬に関する基本的な知識など変わっていないことも多くあります。その変わっていないことこそが、今、薬剤師の現場で必要とされています。

ブランク10年から復職なら人材紹介サービスのサポートを受けましょう。多くの会社が、復職を目指す薬剤師のために多様なサービスを行っています。一番役に立つサービスはブランクOKの薬剤師の求人をたくさん見つけてくれることでしょう。リクナビ薬剤師やマイナビ薬剤師といったところはさまざまなところにネットワークを持っていて、ブランクOKの求人も集めています。さらに経験豊かなコンサルタントが復職に伴う不安や心配を解消するための相談にのってくれます。

>>ブランクOKの薬剤師求人ランキングを見る<<


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2015 ブランクのある薬剤師さんの復職ガイド All Rights Reserved.