ブランクのある薬剤師さんの復職ガイド

TOP >> 復職の基礎知識 >> ブランク後に研修は必要?

ブランク後に研修は必要?

ブランクの後の研修はやはり必要です。現場を離れている間に新薬が開発されています。薬に関する法律も変わっている可能性があります。それらの知識がないと薬剤師として働くのは難しいでしょう。とは言っても長い時間をかけて勉強をする必要はありません。薬剤師として働いてこられた経験と実績があります。それにわずかな新しい知識をつけ加えると、再び薬剤師として働くことができます。ブランク後の研修を用意してくれる薬局や人材紹介サービスもあります。薬剤師の方が復職するための仕組みは整っているのです。

ブランク後の研修にはいろいろなタイプがあります。一例をあげると調剤実技研修と呼ばれるものがあります。これは調剤薬局で働くためにノウハウを学ぶものです。大学の授業や実習などでしか学べないことを身につけることができます。実際の調剤薬局で働いておられる薬剤師の方が講師です。模擬の薬局で研修は行われています。この種の研修に参加すれば、調剤薬局で働くために必要なことが学べるでしょう。期間は3日間です。薬事関連法規、処方せん受付時患者さま応対ロールプレイ、処方解析などといったことを勉強していきます。こういった研修を受ければ、大学卒業後、病院でしか働いた経験のない方でも調剤薬局で働くコツがつかめるかもしれません。

実際に薬局に行って研修を受けることもあります。OJT・OFF-JTと呼ばれるものです。上記の研修より実践的なもので、調剤薬局で働く際の実務を勉強することができます。指導するのは現役の調剤薬局の薬剤師の方です。OJT・OFF-JTと求人をセットにして募集しているところも多くなっています。インターネット探せばすぐに見つかります。OJT・OFF-JTのついた求人は大手のドラックストアで特に多いです。

一口にブランク後の研修と言っても立場によって違いが出てきます。数年のブランクのある方と、10年程度のブランクのある方の研修は、当然のことながら異なったものになります。どんな研修を受ければ良いのか分からないという方もいらっしゃるかもしれません。そんな時には薬剤師の転職サイトに登録してみましょう。リクナビ薬剤師、マイナビ薬剤師、エムスリーキャリアといったところはブランクのある方も復職も支援しています。転職や復職をサポートしてくれるコンサルタントがいるので、研修のことも相談してみてください。転職サイト独自の研修会やセミナーを開くこともあります。そういったものに参加すれば、同じ立場にある人とのつながりもできるでしょう。

>>ブランクOKの薬剤師求人ランキングを見る<<


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2015 ブランクのある薬剤師さんの復職ガイド All Rights Reserved.