ブランクのある薬剤師さんの復職ガイド

TOP >> 復職の基礎知識 >> 50代での復職なら

50代での復職なら

50代での復職なら、勉強にある程度の時間をかけましょう。長い間薬剤師の現場を離れておられた方が多いと思います。復職前に新薬の知識や現在の薬剤師業界の動向に詳しくなっておく必要があります。それには、いろいろな勉強法があります。まずお勧めなのがオンラインを使ったものです。例えば薬の卸会社のホームページには、薬品の詳細な情報が掲載されているので、それを読めば新しい薬の適応症状などを知ることができるでしょう。オンラインの教育プログラムを用意しているところもあります。それから書籍も勉強に役立ちます。治療薬について書かれた本の最新版を入手して勉強してください。インターネットを使えば高度な専門的な本でも容易に購入できます。

50代での復職なら研修を受けるのも一つの方法です。いろいろな団体が研修プログラムを用意しています。最近はNPOもできて、薬剤師の復職プログラムを提供するようになっています。その背景には薬剤師の数の不足があります。医薬分業が進展し、各地に調剤薬局ができているのですが、そこで働く薬剤師の数は依然として不足しています。そのためいろいろな団体が復職を目指す薬剤師の方を支える仕組みを作ろうとしているのです。研修にはいろいろな種類がありますが、3日程度で終わるものをまず受けてみられたら良いでしょう。調剤の実習や薬事関連法規、処方解析といったことを学びます。実際の薬局で働くことを想定したロールプレイを実施するところもあります。短い時間ですが盛りだくさんで、復職への良いきっかけになると思います。

50代で復職する場合、どのような職場が良いのでしょうか。求人数が多いのは調剤薬局とドラッグストアです。病院の薬剤師の求人は一年を通して少なめですが、まったく募集がないわけではありません。50代の方の場合、フルタイムの仕事よりパートを希望されることが多いかもしれません。それならやはり調剤薬局が良いでしょう。調剤薬局の場合はパート募集の求人も多いです。時給も2000円以上なのでパートとして働いてもそれなりの収入を得ることが可能です。

50代での復職なら人材派遣サービスの助けを借りましょう。マイナビ薬剤師といったいわゆる薬剤師の転職サイトが復職希望の方も手厚くサポートしてくれます。多く人の転職や復職をサポートしてきたコンサルタントがいるので、どんなことでも相談できます。復職にそなえた勉強法も教えてくれます。マイナビ薬剤師、リクナビ薬剤師、エムスリーキャリアといったところはコンサルタントのサポート力が際立っています。

>>ブランクOKの薬剤師求人ランキングを見る<<


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2015 ブランクのある薬剤師さんの復職ガイド All Rights Reserved.