ブランクのある薬剤師さんの復職ガイド

TOP >> 復職の基礎知識 >> 契約社員として再就職するには

契約社員として再就職するには

薬剤師として再就職する場合、正社員・契約社員(派遣)・パートやアルバイトという働き方があります。契約社員とはある一定の期間のみ、その会社の社員になることです。その期間が過ぎた場合、相手先と合意すれば契約を更新してもいいし、他の職場へ移ることもできます。

契約社員のメリットとデメリットについてご説明しましょう。まず、薬剤師の契約社員のメリットは、期間が決まっているので自由がきく、パートやアルバイトよりも時給が高いということです。また、契約社員は原則的に昇給や昇進とは無縁ですから、逆に社内行事などにわずらわされることもなく、比較的マイペースで働けるメリットもあります。一方で契約社員のデメリットは、期間が切れた後に契約を更新するとは限らないことです。せっかく仕事を覚えても、期間が過ぎてしまえば職場を去らなければならないことがあります。正社員ほどの収入と安定性もありません。

しかし、薬局やドラッグストア、病院など多くの職場を経験したい人や期間限定で働きたい人は、契約社員という形を選択する場合が多いようです。ただし契約内容は職場によってさまざまです。時給制か日給制か、交通費がでるかでないか、短期間のみの募集かなど、しっかり契約内容を確認することをオススメします。契約社員として再就職するためには、まず条件を具体的にしておく必要があります。勤務時間・土日祝日休み・残業なし・月収の希望額・勤務地など、自分の生活に無理のない設定で書き出してみましょう。

次に、薬剤師を専門に扱っている転職サイトに登録をします。個人で職場を探すには限界がありますし、知人の紹介などでは義理や遠慮があって働きづらくなることもあります。辞めてしまったら、紹介してくれた知人とも気まずくなりかねません。その点、就職先を紹介するのが仕事の専門家ならなんの遠慮もいりませんし、なによりも就職先の情報量が違います。ハローワークや求人募集に出てこないような求人情報もありますので、より自分の条件にあった職場を探すためにも転職のプロに任せましょう。

転職サイトではコンサルタントがあなたの条件を聞いて就職先を紹介してくれます。薬剤師の転職を専門に扱っているサイトでは、専任のコンサルタントのサポートが充実しています。履歴書や面接の相談はもちろん、必要があれば面接へ同行もしてもらえます。なかなか自分ではいいにくい細かい条件交渉も、代わりにおこなってくれるので安心です。ブランクがある薬剤師のための研修制度を整えている求人先もありますので、ブランクがあり不安な方はコンサルタントに相談してみましょう。 再就職は大きな節目です。妥協せずに、豊富な情報のなかから気持ちよく働ける職場を見つけ出しましょう。

>>ブランクOKの薬剤師求人ランキングを見る<<


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2015 ブランクのある薬剤師さんの復職ガイド All Rights Reserved.