ブランクのある薬剤師さんの復職ガイド

TOP >> 復職の基礎知識 >> ブランク後の志望動機のポイントは

ブランク後の志望動機のポイントは

就職や転職、復職を考えている人の多くは、履歴書の志望動機をどうまとめるべきなのか迷ってしまうようですが、長年ブランクがある方はなおさら何を書いていいのか困ってしまいますよね?そこで今回はブランクありの薬剤師がどのように履歴書の志望動機をまとめるべきなのか、考えてみたいと思います。

■ブランクの経験を逆にアピールしてしまう
結論から先にいいますが、ブランクのある薬剤師は、志望動機にそのブランクを“あえて盛り込んで”しまった方がいいといいます。ブランクがあると普通は、なるべく目立たないようにするかと思います。薬剤師という仕事上、常に最新の技術と知識を持っていなければいけないので、離職中の数年間をネガティブに考えてしまうのかもしれません。しかし、ピンチはチャンスという言葉があるように、薬剤師のブランクもチャンスです。ブランクが逆にオリジナルな経歴をアピールするポイントになってくれる場合は多いので、志望動機では大いに生かした方がいいのです。

■ブランクの経験を仕事に生かす
どうやってブランクの経験を志望動機に生かすのか、その方法はさまざまですが、例えば親の介護で10年間のブランクがある薬剤師が調剤薬局に復帰しようと思った場合は、「ブランクの期間で学んだ介護の技術やノウハウを仕事に生かしたい」とアピールしてしまえばいいのです。応募した調剤薬局が在宅や訪問関連の仕事を手掛けていれば完璧です。ブランクは考え方によってアピールになるので、オリジナルの志望動機を書くためにも、ブランクをプラスに解釈する練習をしてみるといいかもしれません。

■志望動機に迷ったら・・・
それでも自分のブランクを志望動機にうまく落とし込めないと思ったら、転職エージェントなど第三者のサービスに協力を求めてもいいかもしれません。その手のサービスは無料で履歴書作成の補助を行ってくれます。併せて面接対策などもしてくれるので、いろいろなアドバイスももらえるはずです。転職エージェントも複数社ありますし、公的な機関としてハローワークもあります。併せてチェックしてみてください。

以上、ブランクのある薬剤師がどのように志望動機を書くかについて考えてみました。基本的にはブランクをプラスの視点でとらえ直し、「ブランク期間中に学んだ○○の経験を生かしたい」と志望動機にまとめると間違いがないと語りました。ブランクはチャンスです。オリジナリティーでもあります。大いに生かして、志望動機に盛り込んでみてください。

>>ブランクOKの薬剤師求人ランキングを見る<<


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2015 ブランクのある薬剤師さんの復職ガイド All Rights Reserved.