ブランクのある薬剤師さんの復職ガイド

TOP >> ママ薬剤師に嬉しい条件の職場 >> 店舗異動・転勤なしの職場へ転職

店舗異動・転勤なしの職場へ転職

社員として働く薬剤師は、どうしても異動や転勤を命じられる場合が多いです。製薬会社の開発業務(MR)は特に異動が多い職種として有名ですが、ドラッグストアのような場所であっても、複数店舗をぐるぐると回りながら勤務させられる可能性は十分にあります。

ただ、子育ての真っ最中のママ薬剤師からすると、店舗異動や転勤は困りますよね?近隣エリアでの助っ人はまだしも、店舗を完全に異動させられたり、転勤などを命じられたりすれば、仕事そのものを続けられなくなってしまうかもしれません。ここでは、ブランク明けのママ薬剤師でも勤務できる、店舗異動なし、転勤なしの求人の探し方をチェックしてみたいと思います。

■店舗異動なし、転勤なしの求人は転職エージェントで探す
端的に結論からいいますが、店舗異動なし、転勤なしの求人を探したいと思えば、ハローワークや民間企業が運営する転職エージェントを利用するといいです。その手のサービスを利用すれば、求人票だけでは分からない転勤や店舗異動の有無について、応募前にきちんと教えてもらえるからです。

アンフェアな話ですが、求職者にとってマイナスになる情報が求人票に書いていない場合もあります。応募して面接になって初めて転勤の可能性、店舗異動の可能性があると伝えられるケースもあります。せっかく書類を用意して郵送し、スーツに着替えて時間を割き面談に出掛けた段階で転勤や店舗異動の可能性を告げられても、がっかりするだけです。

「転勤は無理です」と実際に面接官を前にすると言いづらいので、うやむやにしてしまう場合も少なくないと思います。ハローワークや転職エージェントを経由して求人を探せば、応募前の段階で店舗異動、転勤の可能性が正確に分かるようになっているので、無駄骨を折る必要もなくなります。仮に求人の取り扱い担当者が転勤の有無などを把握していなくても、その場で企業サイドに電話を入れて調べてくれます。求人チェックの段階で転勤や店舗異動の可能性があれば、応募を控えればいいだけの話です。ぜひとも利用を検討してみてください。

以上、店舗異動なし、転勤なしの求人をどうやって探すべきなのか、ママ薬剤師に向けてまとめました。ママ薬剤師でも勤務が無理なくできる職場は、ハローワークや転職エージェントを利用して探した方が早いです。どうしても希望する職場に転勤や店舗異動の可能性があるならば、非正規で勤務を開始して、子育てが落ち着いてから正社員に登用してもらう方法もあります。やり方はいろいろとあるので、妥協のない職場選びをしてください。

>>ブランクOKの薬剤師求人ランキングを見る<<


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2015 ブランクのある薬剤師さんの復職ガイド All Rights Reserved.