ブランクのある薬剤師さんの復職ガイド

TOP >> 職場別の復職のポイント >> 企業への復職なら

企業への復職なら

企業で働く薬剤師は人気です。例えば製薬会社や化粧品会社で品質管理を統括する薬剤師も居ますが、採用人数が少ない上に人気があるので狭き門になっています。そうした人気の企業薬剤師は、復職のタイミングで応募するとさらにハードルが上がりそうな印象がありますが、どうなのでしょうか?そこで今回は、企業に復職したい薬剤師の注意点などを考えてみたいと思います。

■転職支援サービスなどに登録をしてみる
大前提の話を最初にしますが、企業薬剤師に復職したい場合は、転職エージェントに登録をした方がいいです。単純に求人情報が手に入りやすいという点もあるのですが、何よりも大手転職エージェントにはエージェント主催の復職セミナーがあり、企業へ薬剤師として復職したい薬剤師に役立つ情報を提供してくれるからです。例えば登録をして復職セミナーに参加希望をすると、新薬の知識、粉薬の調合のみならず、転職時の自分の売り込み方、企業研究の方法なども教えてもらえます。

特にブランクのある薬剤師がどのように自分を企業に売り込むべきなのか、あるいは企業のどのような部分に着目してアピール戦略を練っていくべきなのか、よく分かるようになります。1回足を運ぶだけでも非常に役立つので、ぜひとも参加してみてください。

■転職エージェントの登録の仕方は?
復職セミナーを開催している転職エージェントの選び方ですが、基本的に幾つか有名なサービスがあるので、その中から1社、ないしは2社、3社と選んで登録をしてみてください。登録の手順としては公式ホームページにアクセスし、基本情報をフォームに打ち込んで送るだけです。その後は先方から連絡が届くので、指示に従ってください。

ただ、この手のサービスは、転職の見込みが少ない求職者には登録を見合わせてくる場合もあります。登録できたとしても担当のスタッフと相性が合わない場合もあるので、幾つかに同時申し込みをして自分のベストパートナーを探してみるといいかもしれません。

以上、企業へ復職したい場合のポイントをまとめましたが、いかがでしたでしょうか?企業薬剤師は人気のポジションなので競争倍率は高くなることが予想されます。ましてブランクありの復職のタイミングで応募するとなると、経験者でない限り厳しい現実が待っています。その意味でも転職エージェントが主催する復職セミナーは大きな力になってくれるので、積極的に参加してみてください。

>>ブランクOKの薬剤師求人ランキングを見る<<


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2015 ブランクのある薬剤師さんの復職ガイド All Rights Reserved.