ブランクのある薬剤師さんの復職ガイド

TOP >> 職場別の復職のポイント >> 調剤薬局への復職なら

調剤薬局への復職なら

一部のデータによると、調剤薬局の数は5万4千カ所に達するといいます。コンビニエンスストアの数が5万カ所なので、数の面から考えてもブランクのある薬剤師が復職する先として現実的な選択肢になると思いますが、いかがでしょうか?ただ、簡単に復職しやすいからといっても、離職期間が長いと不安も強くなるかと思います。ここでは、調剤薬局に復職した薬剤師の声を参考に、ブランク明けの薬剤師に最適な薬局の特徴をまとめてみたいと思います。

■復職支援プログラムのある薬局を探す
ブランクがあり調剤薬局への復職に不安がある薬剤師は、復職支援プログラムのある薬局を探して入社するといいです。復職支援プログラムとは、調剤薬局などがブランクのある薬剤師に対して行う研修で、調剤研修や処方せんの読み方、接客の練習ができるセミナーをいいます。いろいろな場所で開催されており、薬剤師を求める病院でも行われていますが、薬局もたくさん開講しています。

復職支援プログラムに参加するメリットは、ブランクで衰えてしまった薬剤師としてのスキルや知識、コミュニケーション能力を取り戻せるという利点だけではありません。研修を受けた調剤薬局と独自のコネクションが作れるという大きな利点もあります。全くの知らない調剤薬局に応募するよりも、スタッフや管理薬剤師、薬局長の人がらが分かった調剤薬局に応募する方が、就職後のミスマッチも起きづらいと思います。調剤薬局の側も、優秀な人材を発掘するために無償で復職支援プログラムを行っているので遠慮は無用です。

復職支援プログラムを行っている調剤薬局がどこにあるのか分からない場合は、インターネットを使って調べるか、大手転職エージェントなどに登録して探してもらうといいです。ブランク明けの不安を軽くしてくれるいい機会なので、調剤薬局に復職を考えている薬剤師はぜひとも参加を検討してみてください。

以上、調剤薬局に復職を考える薬剤師に役立つ復職支援プログラムについてご紹介しました。無料で研修に参加できる上に、気に入ってもらえば復職の可能性も見えてくるといえるでしょう。ただ、自宅から遠過ぎる場所に研修場所を見付けても大変なので、通勤圏内に復職支援プログラムを行っている薬局を探してみてください。

>>ブランクOKの薬剤師求人ランキングを見る<<


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2015 ブランクのある薬剤師さんの復職ガイド All Rights Reserved.